神戸みなとや

ホーム > 神戸みなとやについて

神戸みなとやについて

最高の材料を使い、真心で焼く。
最高の材料を使い、真心で焼く。

最高の材料を使い、真心で焼く。

おいしくなぁれ、おいしくなぁれ。
明治四十年の創業以来、守り継いできたのは、
「最高の材料を使い、真心で焼く」ということ。
おいしいもち米とおいしい水、
おいしくなぁれの想いを込めて、
一生懸命おかきをつくっています。

本物のおかきづくりを追求。

本物のおかきづくりを追求。

創業以来、米菓一筋に歩んできた「みなとや」では、
厳選された国産<もち米>を使います。

もち米の鮮度を保つために玄米から
当日使用する分だけを精米し、
洗米、製餅、冷却、裁断、焼上、味付けと、
材料の仕込みから出来あがりまでこだわり、
時間と手間のかかる工程を
頑固なまでの職人気質でつくります。

ひたすら、本物の味を求める心と技で
そして長年の愛着をもって一品一品を作り上げています。

  • 本物のおかきづくりを追求写真
  • 本物のおかきづくりを追求写真
  • 本物のおかきづくりを追求写真
  • 本物のおかきづくりを追求写真
  • 本物のおかきづくりを追求写真
  • 本物のおかきづくりを追求写真
美味しさを保ち、環境にやさしいパッケージ

美味しさを保ち、
環境にやさしいパッケージ

おかきは、もち米・水など自然の恵みで生まれます。
いつまでも、美味しいおかきが作れるように、
環境にやさしい印刷や紙をつかった
環境対応型のパッケージ・包装紙を使用しています。

SDGs
  • FSC認証

    FSC認証

    箱、包装紙などには、「適切に管理された森林」に由来する製品であるか、管理された森林から採れた木材原料を使用して生産されたことを証明するマークです。認証紙を使用することで森林の保全につながります。

  • 水性フレキソ印刷

    水性フレキソ印刷

    個包装のパッケージは、VOC(揮発性有機化合物)をほとんど排出しない水性インキを使用し、CO2削減につながり環境負荷を軽減できる印刷です。インキの残留溶剤がなく食品パッケージに適切な印刷です。

  • ノンソルベルトラミネート

    ノンソルベルトラミネート

    無溶剤型接着剤を使用するラミネートを採用。また、乾燥工程も不要なことからCO2並びにVOC排出量を削減しています。

  • バガスマーク

    バガスマーク

    箱には、サトウキビ(非木材資源)からつくられた、バガスパルプ配合の環境対応紙を使用しています。

店舗のご案内

神戸直売店 神戸直売店

神戸直売店

〒653-0031 神戸市長田区西尻池町3丁目1−3

TEL 078-611-0118
営業時間 10時〜18時(日曜・祝祭日も営業)
定休日 火曜日

※店舗前に、数台の駐車スペース有

加古川直売店 加古川直売店

加古川直売店

〒675-0103 加古川市平岡町高畑520−10

TEL 079-424-5530
営業時間 10時〜17時30分
定休日 土曜・日曜・祝日

※駐車場あり

会社概要

会社名 有限会社弥奈刀屋
設立 1960年(昭和35年)2月1日
代表者 植垣清貴
資本金 300万円
本店 〒653-0031 兵庫県 神戸市長田区 西尻池町3丁目1番3号
加古川店 〒675-0103 兵庫県 加古川市 平岡町高畑520-10